相模田名高校
   学 校 案 内
校長挨拶 学習指導 進路指導 部・委員会 学校生活
学校概要 施設・設備 年間予定 情報開示 アクセス

カリキュラム 講習・補習 高大連携 食育 シチズンシップ教育
 
 サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)

≪神奈川工科大学≫
 
神奈川工科大学創造工学部の金井徳兼教授のご指導で、ロボットの仕組みを学び、実際にロボットをつくって実験しました。
 ssp1 ssp2 ssp3
     神奈川工科大学にて
≪桜美林大学≫
 桜美林大学リベラルアーツ学群 自然科学系地学研究室 坪田幸政教授のご指導を受け、オゾンとフロンの関係についての実験や、最新機器を使って紫外線量測定などを行いました。
 
 ssp4 ssp5 ssp6
    桜美林大学にて 
≪生命の星・地球科学博物館≫
 生命の星・地球博物館主任研究員 笠間友博先生から説明を受けながら、大涌谷や箱根外輪山など箱根火山地域の地形・地質や生物などについて観察しました。
 
SPP7 SPP8 SPP9
     箱根火山地域の巡見
≪JAXA 宇宙航空研究開発機構≫
 JAXA宇宙航空研究開発機構の相模原キャンパスで、施設見学の後、宇宙環境利用センターの高沖宗夫先生のご指導により、無重量実験を行いました。
SPP10 SPP11 SPP12
 


 神奈川工科大学との”Skype”による双方向授業

≪スクーリング≫
 Skypeによる学習を深めるため、スクーリングを実施しました。大学の先生の研究室で講義や実習の指導を受け、大学校内の学生食堂で昼食をとり、大学生になった気分の1日でした。
Skype1 Skype2 Skype3

≪成果発表会≫
 神奈川工科大学から6名の先生方にご来校いただき、「プログラミング」「ロボット」「照明」「食育」の各グループの生徒が、学習の内容と成果を発表し、大学の先生方から講評を受けました。
Skype4 Skype5 Skype6


≪大学と受講生の打合せ≫
 受講生との打ち合わせもかねて、先生方にご来校いただき、直接指導を受けました。
高大連携1 高大連携3 高大連携2


≪文化祭での発表≫
 双方向通信による授業の様子を文化祭で公開しました。
)
高大連携7 高大連携8 高大連携9

 この県立高校初のSkypeを利用した神奈川工科大学との双方向授業実践は、教育委員会職員功績賞(教育長表彰)を受けました。 


《神奈川工科大学》
 ・神奈川工科大学の授業を、相模田名高生が受講できます。
 ・必要な条件を満たすと、高校の単位として認定されます。
 ・聴講生徒の受け入れや・サマースクールにも参加できます。
 ・部活動等の交流を進めます。

《桜美林大学》
 ・桜美林大学の授業を、相模田名高校の生徒が受講できます。
 ・必要な条件を満たすと、高校の単位となります。
 ・桜美林大学に入学すると、大学の単位としても認定されます。

《神奈川大学》
 ・神奈川大学の授業を、相模田名高校の生徒が受講できます。
 ・必要な条件を満たすと、高校の単位として認定されます。
 ・神奈川大学が実施する夏休みの 「キャリア教育講座」 を受講できます。

《その他》
 ・首都圏西部大学単位互換協定会が実施する、「共同授業(土曜日)」に参加することができます。


  サイトマップ
  home